Man in the Society

身近なことに目を向けるブログ

イタリア人の食への強いこだわり【マンマの味】

日本でも有名だが、イタリア人の食へのこだわりは強い。

特に「マンマの味」は有名だろう。

 

イタリアでは「マンマの味」が絶対視される。神聖化されているといってもいいくらいだ。

「一番好きな料理は?」とイタリア人に聞けば、高確率で「マンマの作った〇〇」と答える。

 

「マンマの味」は各家庭や地域に代々受け継がれてきたものだ。

日本では聞いたこともないような料理がほとんどで、イタリアでもレストランのメニューには載っていないことが多い。

味付けはシンプルで、素材を活かした飽きのこない味。これは日本と変わらない。

 

 

マンマの味信仰の理由のひとつには、イタリア人の「手料理」へのこだわりがあると思う。

日本では近年当たり前になってきた「中食」は、イタリアではメジャーではない。

そもそも、イタリアのスーパーには、日本のような種類の豊富なお総菜コーナーはあまりない。あるのは生ハム・サラミ・チーズのコーナーくらいだ。

ピッツァやフリット(揚げ物)、パニーノの持ち帰りはよくするけども、イタリアで持ち帰れる出来合いの食事と言えばそれくらいかもしれない。

 

 

インスタント食品も数が少ないし、冷凍食品も日本みたいに調理済みの「一品」をそのまま冷凍するというより、「ブロッコリー」「豆」「ほうれんそう」のように素材をまるごと冷凍したものが置いてある。

というのも、イタリア人は基本的に加工食品を嫌がる傾向がある。「何が入っているか分からないと気持ち悪い」らしい。

「この料理はこの素材から作られた」と簡単にわかるものを好む傾向がある。

 

だから、マンマが手間暇かけて作ってくれる手料理を愛するというわけだ。

イタリアのマンマはどれだけ時間が掛かろうが、食材を一から調理することにこだわる。

 

 

また、「素材へのこだわり」は群を抜いている。「加工食品を嫌がる」と言ったが、逆に言えば素材はとことん愛する。

特に産地にはうるさい。同じオリーブオイルにしても「この産地のは苦みが強いからこの料理には合わない」とか、「〇〇産のオイルはイタリアで一番美味しんだ」とかよく聞く。

名産地の出身者はそのことを郷土の誇りとして自負しており、「うちのが一番だ!」とよく自慢する。

ワイン、チーズ、オリーブオイル他イタリア全土で作られているものは、「一番」がしばしば大量発生して言い争いになるから大変だ。

 

 

もちろん料理の仕方にもうるさくて、「パスタをゆでるときの塩の量」とか「食材の入れる順番」とか、とにかくうるさい。中には「にんにくと玉ねぎは一緒に使うと素材の良さが消える」など「ほんとに?」と思えるものも多々ある。

人によって真逆のことを言われることもしばしばだ。

これこそマンマからマンマへと受け継がれてきた証なのかもしれない。

 

 

食のこだわりが強いのは料理をするマンマだけじゃなく、普段あまり料理のしない男だろうと口だけはうるさいから、ある種たちが悪いと思うこともある。

「美味しんぼ」の様な会話が普通の日常会話として成立する世界と言えば、伝わるだろうか。日本なら「うるせえなあ。なに"通"ぶってんだよ」と言われてしまうはずだ。

僕のような詳しくない外国人は話に混ざることすらできず、大体おいてけぼりにされてしまう。

 

イタリア人が「マンモーネ」になってしまうのは、手間暇かかり愛情のこもった「マンマの味」を毎日食べ続けていることも、きっと一因にあるのだろう。